横浜磯子教会


タイトル:「ここから離れることなく(「いそご 」 113号)」 聖書箇所:「ルツ記2章4節~13節」

 「現在、皆さんと一緒に「ルツ記」を読み進んでいますが、本日はその5回目となります。ルツはナオミとの貧しい生活の故に「落穂拾い」に行こうと決心し、ナオミにこう言いました。「畑に行ってみます。誰か厚意を示してくれる方の後ろで、落穂を拾わせてもらいます」(2節)と。2人は祈ったことでしょう。「良き畑や農夫たちと出会わせてくださるように」と。その後、ルツは出かけました。前回お話したように、落穂拾いは聖書に記されている大事な掟であり福祉制度です。かつてイスラエルがエジプトで奴隷であったこと、神によって導き出されたことを常に覚えて生活するようにこの制度があるのです。以前自分たちがそうであったように、寄留者ややもめ、孤児等に対して配慮と愛の行為を示すようにと勧められています。しかし、ルツの時代は士師の時代。信仰的なリーダー不在の時代で、民は偶像に心を寄せ、信仰的な歩みから外れ、社会の中に不正や犯罪が頻繁に起こっている状態でした。そのことを記しているのが、ルツ記の1つ手前の士師記です。神の言葉から離れていたために、このような素晴らしい制度も良いかたちで機能していませんでした。落穂を拾いに来た人を、快く受入れないで意地悪をしたり、嫌ったり。それ以前に、畑のすべてを刈り入れてしまい、貧しい人たちに対する心が失われている状況でした。そのために神から離れた人間の罪深さをここに見ることができますが、当の本人は自らの罪を感じていないのです。

 神に対する畏れを失っている場所は、このように愛の乏しい場となってしまうのです。教会であっても同様です。

 「ボアズの登場」
 2章4節以下にボアズが登場してきます。ボアズの生活の一端が描かれていますが、この何気ない会話ひとつにボアズの人柄と信仰がよく表れています。
 4節に「ボアズがベツレヘムからやってきて」とあります。原文では「見よ、ボアズが来た」となっています。「このボアズを見よ」と。神が今、ルツと出会わせたこのボアズに注目するようにというのです。ではボアズの何を具体的に見たらいいのでしょうか。それは、ここに記されている言葉の中にあらわされています。
 4節後半には、畑にやって来たボアズが農夫たちに「主があなたたちと共におられますように」と述べると、農夫たちが「主があなたを祝福してくださいますように」と挨拶を交わしています。ここにボアズの人柄がよく現れています。
 このボアズは町の有力者であり金持ちです。多くの畑を所有しており、彼のもとで働く農夫も多くいたことでしょう。そんなボアズですが、農夫たちに自ら挨拶の言葉をかけています。しかもそれは信仰の言葉であります。それに対して農夫たちの言葉もまた信仰による挨拶の言葉を返しています。ボアズが主なる神のもとで、農夫たちと良い関係を結んでいることがわかります。

 この挨拶の言葉は、そのまま英語の挨拶にもなっています。グッド バイはGod be with you(神があなたと共にあるようにの意味)の短縮形です。また別れの挨拶として、 God Bless You (神の祝福があなたにあるように)です。     
 日本語では「挨拶」とは、「挨」は押すという意味で、「拶」は近づくという意味があると言われます。禅問答で相手に問いかけをして、近づいていくという意味合いです。ある説では「挨」は心を開くという意味とも言われます。心を開かなければ、挨拶はできません。ボアズは神によって心開かれた人だとも言えます。        
 モアブの女性ルツはこの挨拶を聞いて素敵だと感じたのです。モアブにはこのような神の祝福を祈り、心を開いて主人と農夫が挨拶を交わし合う事がなかったからです。生ける神によってお互いが低くされ、信頼し合う関係をこの挨拶の中で見たのでした。

 「ボアズの勧め」      
 ボアズはルツにここで3つの言葉をかけています。1つは、「わたしの娘よ、よく聞きなさい。よその畑に落穂を拾いに行くことはない。ここから離れることなく、わたしのところの女たちと一緒にここにいなさい」(8節)と勧めています。この言葉は、まず「娘よ」とルツに呼びかけています。人はモアブのよそ者と見ているのに、ボアズや農夫の監督は差別することなく、しかも「娘よ」と大切な身内であるという意味を込めて呼びかけています。そして「ここから離れることのないように、自分の所の大事な働き手である女たちと一緒にいなさい」と勧めるのです。あなたも大切な家族の一員だと見ているのです。

 2つ目の勧めは、「若い者たちには邪魔をしないように命じておこう」(9節B)です。若い農夫たちの中には、仕事の邪魔になるから出ていけと追い出したり、いやがらせをしたりするということも他の畑ではあります。そのようなことが起こらないように命じておくというのです。

 3つ目には「喉が渇いたら、水がめの所へ行って、若い者がくんでおいた水を飲みなさい」(9節C)です。水は大変貴重です。ベツレヘムの井戸は町外れの門の外にありました。そこまで水を汲みに行かねばならず、大変な作業です。若い者たちが前もって運び込んだ貴重な水。中には「落穂拾いをするような者たちに分けてやる水はない」と言われることもあるのです。そのようなことなく、喉が渇いたら自由に水を汲んで飲むようにと勧めているのです。

 この3つの勧め、(1)ここから離れることなく。(2)私があなたを守る。(3)渇いた者はここで水を飲みなさい。        
 これら3つの言葉は、キリストの言葉に重なります。ボアズという名は、「有力者、力ある者」という意味です。ボアズはまさにキリストの予型であります。この言葉を聞いたルツはどうしたでしょうか。10節には「顔を地につけて、ひれ伏して言った」とあります。「ひれ伏す」とは礼拝をも意味します。彼女はひれ伏しこう言います。「よそ者のわたしにこれほど目をかけてくださるとは。厚意を示してくださるのは、なぜですか。」(10節)と。この「目をかけてくださる」と言う言葉は、1章6節に出てきた「主がその民を顧み」とある「顧みる」という言葉と同じ言葉です。主がイスラエルの民を顧みてくださったように、神はよそ者と呼ばれているルツをも顧みられるお方です。そして、この神を畏れ、み言葉に生きるボアズも自らが神に顧みられているゆえ、モアブの女ルツにも目をかけていつくしむのです。

 ルツはその日家に帰りナオミに一日の出来事をすべて報告しました。その中でルツは「その方はわたしに、『うちの刈り入れが全部済むまで、うちの若者から決して離れないでいなさい』と言ってくださいました。」(21節)と言いました。

 本日、私たちに語られたこの言葉に注目したいのです。「刈り入れが全部済むまで」とはどういう意味でしょうか。この時期は大麦の刈り入れの時期です(1章22節)。大麦の刈り入れが終わり、しばらくすれば小麦の刈り入れへと移行します。この移行の合間の時期に離れてしまう事があります。信仰生活もちょっとした隙間ができると教会を離れてしまうという人が意外と多いのです。

 ボアズは、士師時代という不信仰な時代の中で、神の愛とその言葉にとどまっていました。それゆえに、ボアズの職場も愛に満たされていました。神への祈り、神の言葉に生きる生活、その中心にはこの礼拝から離れずに生きることがあります。そこに豊かな実りがあるのです。

 主イエスは言われます。「わたしはぶどうの木、あなたがたはその枝である。人がわたしにつながっており、わたしもその人につながっていれば、その人は豊かに実を結ぶ。わたしを離れては、あなたがたは何もできないからである」と。(ヨハネによる福音書15章5節)

(2018年7月17日説教より)
日付2019-04-13
号数 第 113 号 掲載
メッセンジャー中村 清牧師

牧師説教集バックナンバー 過去の説教集がこちらからご覧いただけます。

2019
題名 目を上げる   聖書 創世記39章 1節~10節   2019年05月12日  中村 清先生 
題名 わたしに従いなさい   聖書 ルカによる福音書 5章27節~32節   2019年04月24日  内田 光生 神学生 
題名 信仰の遺産(「いそご 113号」)   聖書 ルカによる福音書 12章13節~21節   2019年04月13日  鳴坂 明人 副牧師 
題名 備えある信仰   聖書 ルカによる福音書 12章35節~40節   2019年03月16日  鳴坂 明人 副牧師 
題名 神の国は近づいた   聖書 マルコによる福音書 2章13節~17節   2019年02月12日  中村 清 牧師 
題名 クリスマスの奇跡   聖書 マタイによる福音書 1章 18節~25節   2019年01月16日  鳴坂 明人 副牧師 
2018
題名 教会の発展と成長   聖書 使徒言行録9章26節~31節   2018年12月10日  中村 清 牧師 
題名 死は終わりでもなく、始まりでもない   聖書 コリントの信徒への手紙1 15章35節~49節   2018年11月15日  内田 光生 神学生 
題名 世界宣教 ~ひとりの人から~   聖書 使徒言行録 16章11節~15節   2018年10月15日  中村 清 牧師 
題名 主イエスの仲間として生きる   聖書 ルカによる福音書 12章8~12節   2018年09月18日  鳴坂 明人牧師 
題名 落穂拾い   聖書 ルツ記2章 1節~3節   2018年08月16日  中村 清 牧師 
題名 神の知識と人の知識   聖書 ルカによる福音書 11章45~54節   2018年07月07日  鳴坂 明人 牧師 
題名 神のいつくしみを聞く   聖書 ルツ記1章 1節~6節   2018年06月13日  中村 清 牧師 
題名 自分の内側と外側   聖書 ルカによる福音書 11章37~41節   2018年05月13日  鳴坂 明人牧師 
題名 収穫は多いが   聖書 マタイによる福音書 9章35~38節   2018年04月21日  中村 清牧師 
題名 澄み切った目と信仰   聖書 ルカによる福音書11章33~36節   2018年04月21日  鳴坂 明人副牧師 
題名 八日目の顕現   聖書 ヨハネによる福音書 20章19節~29節   2018年04月21日  中村 清牧師 
題名 信じる者は私の業を行う   聖書 ヨハネによる福音書 14章11~15節   2018年03月10日  中村 清牧師 
題名 ヨナとソロモンに優るもの   聖書 ルカによる福音書11章29節~32節   2018年02月10日  鳴坂 明人副牧師 
題名 この種のものは   聖書 マルコによる福音書 9章29節   2018年01月13日  中村 清牧師 
2017
題名 救いの完成   聖書 マタイによる福音書 1章1節~17節   2017年12月10日  中村 清牧師 
題名 聖書のみ 信仰のみ   聖書 ガラテヤの信徒への手紙 2章16節   2017年11月11日  内田 光生神学生 
題名 聖霊と悪霊   聖書 ルカによる福音書 11章14~23節   2017年10月07日  鳴坂 明人副牧師 
題名 石を取りのけなさい   聖書 ヨハネによる福音書 11章38節~44節   2017年09月09日  中村 清牧師 
題名 祈りを聞いて下さる神   聖書 ルカによる福音書11章5節~8節   2017年08月12日  鳴坂 明人副牧師 
題名 主イエスのリトリート   聖書 ヨハネによる福音書 10章40節~42節   2017年07月22日  中村 清 牧師 
題名 祈ることを教えてください   聖書 ルカによる福音書 11章1~2節   2017年06月18日  鳴坂 明人 副牧師 
題名 告白と礼拝   聖書 ヨハネによる福音書 9章35~41節   2017年05月13日  中村 清牧師 
題名 主の聖餐   聖書 コリントの信徒への手紙一 11章23~26節   2017年04月16日  内田 光生 神学生 
題名 主がわたしにしてくださったこと   聖書 ヨハネによる福音書 9章1~11節   2017年04月16日  中村 清 牧師 
題名 天国の名簿   聖書 ルカによる福音書 10章17~20節   2017年04月16日  鳴坂 明人 副牧師 
題名 知るべきこと   聖書 ルカによる福音書 10章21~24節   2017年03月14日  鳴坂 明人副牧師 
題名 他では聞けない話   聖書 ヨハネによる福音書 7章40節~53節   2017年02月11日  中村 清牧師 
題名 主のはしための信仰   聖書 ルカによる福音書1章26~39節   2017年01月14日  鳴坂 明人副牧師 
2016
題名 待つこと   聖書 マタイによる福音書 24章45~51節   2016年12月10日  中村 清牧師 
題名 聖なる者とされている   聖書 コリントの信徒への手紙一 6章1~11節   2016年11月12日  内田 光生神学生 
題名 永遠の命のために働きなさい   聖書 ヨハネによる福音書6章22~30節   2016年10月11日  中村 清 牧師 
題名 イエスを歓迎する   聖書 ルカによる福音書 9章51節~56節   2016年09月11日  鳴坂 明人副牧師 
題名 われに来よ   聖書 ヨハネによる福音書5章31~40節   2016年08月18日  中村 清 牧師 
題名 最も偉い者とは   聖書 ルカによる福音書 9章43節~48節   2016年07月16日  鳴坂 明人副牧師 
題名 つぶさに見よ   聖書 ヨハネによる福音書 4章31~38節   2016年06月11日  中村 清 牧師 
題名 イエスの十字架と栄光   聖書 ルカによる福音書 9章28節~36節   2016年05月07日  鳴坂 明人 副牧師 
題名 イエスとは誰か   聖書 ルカによる福音書 9章18節~20節   2016年04月20日  鳴坂 明人副牧師 
題名 十字架につけられる前のイエス様   聖書 マタイによる福音書 27章27節~31節   2016年04月19日  内田 光生神学生 
題名 新たな命が開かれる   聖書 マルコによる福音書 7章31~37節、イザヤ書35章3~6節   2016年04月19日  中村 清 牧師 
題名 僕となられた神   聖書 ヨハネによる福音書 13章10節~17節   2016年03月13日  中村 清 牧師 
題名 溢れるばかりの恵み   聖書 ルカによる福音書 9章 10-17節   2016年02月13日  鳴坂 明人 副牧師 
題名 新しい年の歩み  ~エリコの城壁~   聖書 ヨシュア記6章   2016年01月16日  中村 清 牧師 
2015
題名 イエスに会ってみたい   聖書 ルカによる福音書 9章 7-9節   2015年12月12日  鳴坂 明人 副牧師 
題名 イエス様は、死に勝利された   聖書 コリントの信徒への手紙Ⅰ 15章50~58節   2015年11月08日  内田光生 神学生 
題名 あなたがたの光を輝かせなさい   聖書 マタイによる福音書 5章 13-16節   2015年10月10日  中村 清 牧師 
題名 信仰と救い   聖書 ルカによる福音書8章40~48節   2015年09月13日  鳴坂 明人 副牧師 
題名 主にあって堅く立つ   聖書 フィリピの信徒への手紙4章1~4節   2015年08月08日  中村 清牧師 
題名 悪霊からの解放   聖書 ルカによる福音書8章26~33節   2015年07月11日  鳴坂 明人副牧師 
題名 イエスという神   聖書 ルカによる福音書8章22~25節   2015年06月13日  鳴坂 明人副牧師 
題名 命をかけた救い   聖書 フィリピの信徒への手紙2章17~30節   2015年05月10日  中村 清牧師 
題名 神の言葉を聞いて行う者   聖書 ルカによる福音書 8章19節~21節   2015年04月26日  鳴坂 明人牧師 
題名 不平や理屈を言わず   聖書 フィリピの信徒への手紙2章12~18節   2015年04月19日  中村 清牧師 
題名 あなたは何と答えるか   聖書 マタイによる福音書26章57~68節   2015年03月08日  中村 清牧師 
題名 われらの祈り   聖書 ダニエル書9章1~5節   2015年02月09日  中村 清 牧師 
題名 激動の世界の中で   聖書 ダニエル書7章1~7節   2015年01月10日  中村 清牧師 
2014
題名 心を一つにして   聖書 使徒言行録2章42節~47節   2014年12月14日  中村 清牧師 
題名 あなた方の手で渡しなさい   聖書 マタイ 14章13~21節   2014年11月16日  中村 清 牧師 
題名 死は終わりではない   聖書 ヨハネによる福音書 10章39~42節   2014年11月02日  中村 清 牧師 
題名 世界の救い主   聖書 ヨハネによる福音書4章39~42節    2014年10月12日  中村 清 牧師 
題名 偉大な者   聖書 ルカによる福音書7章24~30節   2014年09月14日  鳴坂 明人 副牧師 
題名 感謝して生きる   聖書 フィリピの信徒への手紙1章3~7節   2014年08月09日  中村 清 牧師 
題名 それゆえ、わたしは   聖書  ダニエル書4章31~34節   2014年07月13日  中村 清 牧師 
題名 老人は夢を見、若者は幻を見る   聖書  使徒言行録2章14~16節   2014年06月08日  中村 清 牧師 
題名 この三つの愛に生きる   聖書 マタイによる福音書2章36~40節   2014年05月11日  中村 清 牧師 
題名 不安の正体   聖書 ダニエル書2章31~45節   2014年04月13日   中村 清 牧師 
題名 まさかわたしのことでは   聖書 マルコによる福音14章12~22節   2014年03月30日  中村 清  牧師 
題名 キリストに根を下ろす   聖書 ダニエル書二章   2014年03月09日  中村 清 牧師 
題名 善き力に囲まれて   聖書 ダニエル書一章   2014年02月09日  中村 清 牧師 
題名 求めよ、さらば与えられん   聖書 マタイ福音書7章7~12節   2014年01月12日  中村 清  牧師 
2013
題名 闇を照らす光   聖書 ルカ福音書1章46~56節   2013年12月08日  鳴坂 明人 副牧師