横浜磯子教会


タイトル:「澄み切った目と信仰」 聖書箇所:「ルカによる福音書11章33~36節」

 教会の暦では2月14日から3月31日まで、「受難節(受苦節、レント)」と呼ばれる季節となります。この時期、イエス・キリストの十字架までの受難の歩みを覚えて、自らの信仰生活を省みることが求められています。受難節の46日間、聖書を読み、静かに黙想する時間を大切にしたいものです。そのためにも、しばし世情から逃れて、一時でも神と静かに向き合い、十字架の真理を悟る時間を心がけてください。

 さて、無教会主義を唱えた内村鑑三(1861~1930)は、キリスト教の本質はイエス・キリストの十字架の出来事に尽きると、キリスト教を「十字架教」と提唱し、以下のように記しています。

 十字架は単に基督教の表号ではない、其の中心である…罪は十字架の上に赦され又消滅され、恩恵は十字架の上に成就され…、実に十字架なくして基督教はない。

 では、主イエスは、自らを十字架に張付けたユダヤの人々に対して、どのような思いを持たれたのでしょうか。ルカによる福音書11章29節によれば、「今の時代の者たちはよこしまだ」と、手厳しい評価を与えています。すなわち、悪い者たちによる悪い時代であると。しかし、それが主イエスの最終結論ではありません。この「よこしま」は悪いとの意味ですが、聖書においては、信仰のない者、神を信じない者を示しています。神に無関心な者は、今をどのように生きるべきか、主イエスは福音を、人の救いを次のように教えています。

 「ともし火をともして、それを穴蔵の中や、升の下に置く者はいない。入って来る人に光が見えるように、燭台の上に置く」(33節)。すなわち、主イエスは邪な悪い者、神に無関心な者を、あえて家のともし火、「光」であると最高の評価を与えているのです。

 当時のユダヤの民衆の家屋は、一部屋しかありませんでした。日が暮れて、一家に来客があれば、その者が躓かないように、灯りをともして迎えた光景が思い浮かびます。この日常的な様子を通して、主イエスは神が人々を救いへと招いておられることを暗示しています。しかも、邪悪な者が主イエスに招かれる来客として、その者は、また主イエスと共に教会へと人々を招く伝道者となる明かりであることを教えています。

 しかし、ほとんどの者は、神の招きがあることすら、認識せず無関心のままです。現在も日本のクリスチャン人口は1パーセントと言われています。統計学上で1パーセントは誤差の数字の領域ですから、0パーセントと同じです。

 内村鑑三は、明治・大正時代もキリスト教が異文化の宗教として、いかに多くの日本人に嫌われ、排除されたものであったか、次のように述べています。

 日本人は言ひ来つた、我等は西洋人の文物は何でも要る、其鉄道も要る、電信も要る、電話も要る、其憲法も要る、法律も要る、経済も要る、銀行制度も要る、其工学も要る、鉱山学も要る、水理術も要る、其文学も要る、美術も要る、哲学も要る、皆な要る、然し乍ら、茲に唯一つ要らないものがある、其れは西洋の宗教である、耶蘇は要らない、基督教は要らない、道徳は日本道徳で充分である、耶蘇は国を売り、忠孝に逆ふ宗教である故に是れは、全然排斥すべきものである。
(「日本人とキリスト教」1914年)

 明治政府以降、西欧列強に比肩する日本となるために、富国強兵政策を採り、先の敗戦まで西欧科学、文明を大量に受容する国家形成がなされた経緯があります。しかし、ただ一つ、拒否したものがある、それが耶蘇、すなわちキリスト教であるとの識見は、今も変わっていないように思われます。日本特有の誇るべき天皇を中心とする神道、また日本伝統の仏教がある。異文化、外国宗教のキリスト教など必要はないと。

 もともとキリスト教は、約2000年前の創立当初から、ユダヤ教、ローマ帝国の激しい迫害を受け、殉教者も少なくありませんでした。それと同様に日本においても、江戸時代の約二五〇年にわたるキリスト教禁制下、キリシタンに対する徹底した迫害、流血の歴史があります。今日もキリスト教が拒絶され続ける現状を踏まえて、殉教をも覚悟して聖書を真摯に学ぶ必要があります。
聖書に戻りますが、主イエスは群集を前にして、教えを説きました。

 「あなたがたのともし火は目である。目が澄んでいれば、あなたがたの全身は明るいが、濁っていれば、全身も暗い」(34節)と。

 ここで、「澄んでいる」の反意語は「濁っている」、すなわち「よこしま」です。濁った、よこしまな目を持った者たちばかりの時代であるから、ぜひとも、「澄んだ目を持つこと」を命じているのです。濁った目、よこしまな目、神に無関心な目をした者は、主イエスの「入りなさい」との招きの呼びかけを拒絶するか、あるいは別な場所に行ってしまう者です。しかし主イエスが招く場所とは、人間としての本来の居場所なのです。自分の居場所が湿気の多い、冷たく、暗い場所であることを望む者はありません。誰しも爽快で明るく、温もりのある我が家を求めています。

 しかし現実の人生は多くの苦難を抱えながらの歩みです。しかも複雑に幾層にも絡み合う難題を抱え込むことすら、何度か味わうものです。その厄介な難題の根源を聖書は教えています。第一原因は人が神を見失ったことであると。天地創造、全知全能の神を人が見失ったとき、同時に、本来の居場所を人は見失い、さ迷い、厄介な道を歩むことになるのです。

 主イエスは神の家、教会へと、すべての人を招いておられます。人々を教会へ招いて、主イエスはどうされるのか?

 私たちの心身の象徴でもある目を澄み切ったもの、本来の健全な目に癒して下さるのです。

 ここで「澄んだ目」とは、「単純」、目移りしない、二心をもたないことを意味します。世の中の諸々の誘惑に目移りせず、主イエスのみを単純に、素直に信じる態度です。また、「健やか」との意味もあります。健やかな目をもつことは、心身の健康と生活全般の健全性です。

 しかし、私たちの信仰生活の実態はどうでしょうか。暗闇に近いほど濁り切った目をもって生きていると言えないでしょうか。人間である限り、澄み切った目を持つことは、もともと不可能なことなのです。

 ところが、私たちの目が濁った状態を承知した上で、主イエスは救いを告げられたのです。

 「ちょうど、ともし火がその輝きであなたを照らすように、全身は輝いている」(36節)。

 主イエスによって、一人ひとりの心の奥底に、すでに主イエスの命の光が灯されていることが告げられたのです。このともし火を、もみ消してはなりません。人生と世界を輝かす種火を大切に守ることが求められています。その責任を果たすために、日曜日の礼拝において、主イエスの福音の光を、たっぷり浴びることが必要なのです。そして主イエスの生き方に倣い、宗教的神聖なもの、霊的な領域への関心と認識能力を少しでも高めてゆきたいものです。

(2018年2月25日礼拝説教より、教会報「いそご」112号掲載)
日付2018-04-21
号数 第 112 号 掲載
メッセンジャー鳴坂 明人副牧師

牧師説教集バックナンバー 過去の説教集がこちらからご覧いただけます。

2018
題名 死は終わりでもなく、始まりでもない   聖書 コリントの信徒への手紙1 15章35節~49節   2018年11月15日  内田 光生 神学生 
題名 世界宣教 ~ひとりの人から~   聖書 使徒言行録 16章11節~15節   2018年10月15日  中村 清 牧師 
題名 主イエスの仲間として生きる   聖書 ルカによる福音書 12章8~12節   2018年09月18日  鳴坂 明人牧師 
題名 落穂拾い   聖書 ルツ記2章 1節~3節   2018年08月16日  中村 清 牧師 
題名 神の知識と人の知識   聖書 ルカによる福音書 11章45~54節   2018年07月07日  鳴坂 明人 牧師 
題名 神のいつくしみを聞く   聖書 ルツ記1章 1節~6節   2018年06月13日  中村 清 牧師 
題名 自分の内側と外側   聖書 ルカによる福音書 11章37~41節   2018年05月13日  鳴坂 明人牧師 
題名 収穫は多いが   聖書 マタイによる福音書 9章35~38節   2018年04月21日  中村 清牧師 
題名 八日目の顕現   聖書 ヨハネによる福音書 20章19節~29節   2018年04月21日  中村 清牧師 
題名 信じる者は私の業を行う   聖書 ヨハネによる福音書 14章11~15節   2018年03月10日  中村 清牧師 
題名 ヨナとソロモンに優るもの   聖書 ルカによる福音書11章29節~32節   2018年02月10日  鳴坂 明人副牧師 
題名 この種のものは   聖書 マルコによる福音書 9章29節   2018年01月13日  中村 清牧師 
2017
題名 救いの完成   聖書 マタイによる福音書 1章1節~17節   2017年12月10日  中村 清牧師 
題名 聖書のみ 信仰のみ   聖書 ガラテヤの信徒への手紙 2章16節   2017年11月11日  内田 光生神学生 
題名 聖霊と悪霊   聖書 ルカによる福音書 11章14~23節   2017年10月07日  鳴坂 明人副牧師 
題名 石を取りのけなさい   聖書 ヨハネによる福音書 11章38節~44節   2017年09月09日  中村 清牧師 
題名 祈りを聞いて下さる神   聖書 ルカによる福音書11章5節~8節   2017年08月12日  鳴坂 明人副牧師 
題名 主イエスのリトリート   聖書 ヨハネによる福音書 10章40節~42節   2017年07月22日  中村 清 牧師 
題名 祈ることを教えてください   聖書 ルカによる福音書 11章1~2節   2017年06月18日  鳴坂 明人 副牧師 
題名 告白と礼拝   聖書 ヨハネによる福音書 9章35~41節   2017年05月13日  中村 清牧師 
題名 主の聖餐   聖書 コリントの信徒への手紙一 11章23~26節   2017年04月16日  内田 光生 神学生 
題名 主がわたしにしてくださったこと   聖書 ヨハネによる福音書 9章1~11節   2017年04月16日  中村 清 牧師 
題名 天国の名簿   聖書 ルカによる福音書 10章17~20節   2017年04月16日  鳴坂 明人 副牧師 
題名 知るべきこと   聖書 ルカによる福音書 10章21~24節   2017年03月14日  鳴坂 明人副牧師 
題名 他では聞けない話   聖書 ヨハネによる福音書 7章40節~53節   2017年02月11日  中村 清牧師 
題名 主のはしための信仰   聖書 ルカによる福音書1章26~39節   2017年01月14日  鳴坂 明人副牧師 
2016
題名 待つこと   聖書 マタイによる福音書 24章45~51節   2016年12月10日  中村 清牧師 
題名 聖なる者とされている   聖書 コリントの信徒への手紙一 6章1~11節   2016年11月12日  内田 光生神学生 
題名 永遠の命のために働きなさい   聖書 ヨハネによる福音書6章22~30節   2016年10月11日  中村 清 牧師 
題名 イエスを歓迎する   聖書 ルカによる福音書 9章51節~56節   2016年09月11日  鳴坂 明人副牧師 
題名 われに来よ   聖書 ヨハネによる福音書5章31~40節   2016年08月18日  中村 清 牧師 
題名 最も偉い者とは   聖書 ルカによる福音書 9章43節~48節   2016年07月16日  鳴坂 明人副牧師 
題名 つぶさに見よ   聖書 ヨハネによる福音書 4章31~38節   2016年06月11日  中村 清 牧師 
題名 イエスの十字架と栄光   聖書 ルカによる福音書 9章28節~36節   2016年05月07日  鳴坂 明人 副牧師 
題名 イエスとは誰か   聖書 ルカによる福音書 9章18節~20節   2016年04月20日  鳴坂 明人副牧師 
題名 十字架につけられる前のイエス様   聖書 マタイによる福音書 27章27節~31節   2016年04月19日  内田 光生神学生 
題名 新たな命が開かれる   聖書 マルコによる福音書 7章31~37節、イザヤ書35章3~6節   2016年04月19日  中村 清 牧師 
題名 僕となられた神   聖書 ヨハネによる福音書 13章10節~17節   2016年03月13日  中村 清 牧師 
題名 溢れるばかりの恵み   聖書 ルカによる福音書 9章 10-17節   2016年02月13日  鳴坂 明人 副牧師 
題名 新しい年の歩み  ~エリコの城壁~   聖書 ヨシュア記6章   2016年01月16日  中村 清 牧師 
2015
題名 イエスに会ってみたい   聖書 ルカによる福音書 9章 7-9節   2015年12月12日  鳴坂 明人 副牧師 
題名 イエス様は、死に勝利された   聖書 コリントの信徒への手紙Ⅰ 15章50~58節   2015年11月08日  内田光生 神学生 
題名 あなたがたの光を輝かせなさい   聖書 マタイによる福音書 5章 13-16節   2015年10月10日  中村 清 牧師 
題名 信仰と救い   聖書 ルカによる福音書8章40~48節   2015年09月13日  鳴坂 明人 副牧師 
題名 主にあって堅く立つ   聖書 フィリピの信徒への手紙4章1~4節   2015年08月08日  中村 清牧師 
題名 悪霊からの解放   聖書 ルカによる福音書8章26~33節   2015年07月11日  鳴坂 明人副牧師 
題名 イエスという神   聖書 ルカによる福音書8章22~25節   2015年06月13日  鳴坂 明人副牧師 
題名 命をかけた救い   聖書 フィリピの信徒への手紙2章17~30節   2015年05月10日  中村 清牧師 
題名 神の言葉を聞いて行う者   聖書 ルカによる福音書 8章19節~21節   2015年04月26日  鳴坂 明人牧師 
題名 不平や理屈を言わず   聖書 フィリピの信徒への手紙2章12~18節   2015年04月19日  中村 清牧師 
題名 あなたは何と答えるか   聖書 マタイによる福音書26章57~68節   2015年03月08日  中村 清牧師 
題名 われらの祈り   聖書 ダニエル書9章1~5節   2015年02月09日  中村 清 牧師 
題名 激動の世界の中で   聖書 ダニエル書7章1~7節   2015年01月10日  中村 清牧師 
2014
題名 心を一つにして   聖書 使徒言行録2章42節~47節   2014年12月14日  中村 清牧師 
題名 あなた方の手で渡しなさい   聖書 マタイ 14章13~21節   2014年11月16日  中村 清 牧師 
題名 死は終わりではない   聖書 ヨハネによる福音書 10章39~42節   2014年11月02日  中村 清 牧師 
題名 世界の救い主   聖書 ヨハネによる福音書4章39~42節    2014年10月12日  中村 清 牧師 
題名 偉大な者   聖書 ルカによる福音書7章24~30節   2014年09月14日  鳴坂 明人 副牧師 
題名 感謝して生きる   聖書 フィリピの信徒への手紙1章3~7節   2014年08月09日  中村 清 牧師 
題名 それゆえ、わたしは   聖書  ダニエル書4章31~34節   2014年07月13日  中村 清 牧師 
題名 老人は夢を見、若者は幻を見る   聖書  使徒言行録2章14~16節   2014年06月08日  中村 清 牧師 
題名 この三つの愛に生きる   聖書 マタイによる福音書2章36~40節   2014年05月11日  中村 清 牧師 
題名 不安の正体   聖書 ダニエル書2章31~45節   2014年04月13日   中村 清 牧師 
題名 まさかわたしのことでは   聖書 マルコによる福音14章12~22節   2014年03月30日  中村 清  牧師 
題名 キリストに根を下ろす   聖書 ダニエル書二章   2014年03月09日  中村 清 牧師 
題名 善き力に囲まれて   聖書 ダニエル書一章   2014年02月09日  中村 清 牧師 
題名 求めよ、さらば与えられん   聖書 マタイ福音書7章7~12節   2014年01月12日  中村 清  牧師 
2013
題名 闇を照らす光   聖書 ルカ福音書1章46~56節   2013年12月08日  鳴坂 明人 副牧師